rms beauty COLUMN

# 卒業すべき考え方の習慣

2019.03.22

あたたかな陽射しの中で、芽吹く木々や花の香りに心が弾んで、
何か新しいことを始めたくなる春。

今年こそは!と意気込んでいるならば、
まず見直すべきはその考え方の習慣。
当たり前のように「~じゃないといけない」と、
自分自身をがんじがらめにしていたルールからの解放を。

メイクにおけるローズ・マリーのマインドセットから、
いますぐ卒業すべき考え方の習慣をご紹介。

1、メイクは完璧じゃないといけないという考え方

いつでも少しもよれていない、
シミもシワもひとつもない、
そんな「完璧なメイク」を保つことに躍起になっていると、
自分らしさからはかけ離れていく。

完璧じゃない自分をまずは受け入れること。
そうすれば肩の荷が下りたように、
笑顔もメイクも自然になるはず。

2、似合う色をつけなければいけないという考え方

赤すぎるリップは塗ってはいけない、
ベースカラーに合わない色はつけてはいけない、
など、カラーを選ぶときでさえ、
たくさんの自分で決めたルールに従って、
知らず知らずのうちに我慢やNGが増えている。

果たしてそのルールは必要?
似合わないと思っていた色も、見慣れないだけかもしれない。
今の気分、今の自分にぴったりくる色を選んで。
自信に溢れた表情が、美しさの秘訣になる。

行動は思考で作られている。
ものの見方の視点や思考を少し変えるだけで、
選択が変わり、行動が変わる。
今までの自分から「卒業」をするには、春以上にいいタイミングはない。

“WILD WITH DESIRE“
自分を解放して、心の赴くままに。
様々なマイルールを卒業して、
仕事も恋もメイクも、もっと自由に!

What's YOURE CHOICE?

  • ミニリップスティックセット
next page
previous page
more view