rms beauty COLUMN

# ローズ・マリーの紫外線対策

2019.04.19

紫外線が肌にとっても健康にとってもよくないことは、すでに周知の事実。
乾燥を引き起こし、シワやシミの原因になり、肌の老化を促進する。
「今紫外線を浴びてしまっている…」というストレスもまた軽視できない。

百害あって一利なしのように聞こえるが、
日光はビタミンDの大切な供給源であり、心と体の健康において必要不可欠であることもまた事実だ。

ローズ・マリーは、紫外線対策は「バランスが重要」と考えている。
日光を全く浴びないのも、浴びすぎるもよくない。
何にでも個人差があるように、日光との付き合い方は、自分の肌や健康と相談して決めることが大切だ。

彼女はほとんど日焼け止めはつけない。
普段は、天然の日焼け止めと言われているココナッツオイルの特性を活かし、肌にはアンカバーアップを。
日焼け止めは、ビーチや長時間外にいるときだけ。
入念に成分を確認し厳選したものをつけるようにしている。

彼女が心がける紫外線対策のメソッドは、日焼け止めを塗ること以外に重点が置かれる。

まず、時間によって対策方法を変えること。
AM10:00以前、PM16:00以降 
この時間帯は紫外線を気にしない。
四六時中、紫外線に縛られるのは心の負担が大きすぎる!対策にも緩急を。

そして日中の時間帯は、服装で紫外線を遮る。
夏場でも涼しい薄手のパンツや、コットン素材の長そで、つばの広い帽子。
一番重要なのはサングラス。まぶしくて眉間にしわを寄せるなんてもってのほか。
UVAとUVB両方から目を保護できるサングラスを選びましょう。

また飲み物や食べ物でも、紫外線対策ができることを忘れてはいけない。

ローズ・マリーは、外出中は肌の乾燥を引き起こす原因となるアルコールを控え、抗酸化作用がありポリフェノールが豊富な「アイスグリーンティー(冷たい緑茶)」を飲む。
これは紫外線の多い季節に欠かせない習慣のひとつ。

さらに、果物と新鮮な野菜で、ビタミンやベータカロチンを積極的に取り入れるようにしている。
緑黄色野菜、マンゴー、赤唐辛子、パプリカ、アルファルファのハーブなどのほかに、玉ねぎやにんにくもおすすめ。

どんな強力な日焼けどめでも、どんな対策をとっても、
完全に紫外線を遮断して生きることはできない。

あたたかな陽射しの中で、自然と調和しながら健康的に暮らせる、自分にあった紫外線対策を見つけよう。

What's YOURE CHOICE?

  • アンカバーアップ 【00】
  • アンカバーアップ 【11】
  • アンカバーアップ 【22】
  • アンカバーアップ 【33】
previous page
more view